30代がレンガ積み外壁、Ua値0.20、Q値0.6、地熱交換第3種換気の家を建てるお話。

一条工務店が建ててくれなかったので、地元工務店で家を建てる。

屋根と太陽光そして費用

屋根材はガルバリウム。
コスパ良く、軽いので地震に強いからだそうな。
色は太陽光に合わせて黒系。


太陽光はカナメソーラールーフ。
屋根工事と太陽光工事が一度で済むのと、
屋根置き型と一体型のいいとこどり。
あまり話題になりませんが、見た目一体型と一緒なのに、
固定資産税がかからないのが良い。


パネルメーカーはこちらもコスパの良いQセルズ。
最近リニューアルしましたね。
搭載量は必要なだけの5.2kw。


お値段ですが、税抜きHEMS、人件費込みで¥1,696,800だそうです。
ググっても酔っていて安いんだか高いんだかわかりません。
詳しい人教えてください。


カナメは浅草寺の屋根で知っていましたが。本社は宇都宮なんですね。
浅草寺の屋根は軽さと耐久性抜群のチタン瓦。
お値段は銅屋根の2~3倍だそうです。
昔は80年もった銅屋根も、酸性雨で今は20年しかもたないので、
高くても、耐久性があり重量も銅の半分のチタンにしたそうです。
文化財保護法は元と同じ素材で修復しなきゃ補助出さないとか、
時代遅れ?な決まりがあるそうで、面倒くさそうですね。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。