おまめのブログ

30代が栃木でレンガ積の家を建てるお話しです。Ua値0.20、Q値0.6、地熱交換第3種換気。

消防署の方から来ました。 消火器の話(話が長い)

というのは消火器を売る常套手段。今でもいますよ。
消火器メーカーが定価をアホみたいに高くしているので、
たとえばホームセンターで4千円で買えるものを定価の2万円で売ってもグレーゾーン。
文句言えません。定価なので。


私も消防訓練で高齢のおば様方に消火器の使い方と注意点説明すると、
通販番組のように「ああ~」っていいます。


一般的な消火器は粉末式ABC消火器。そこら中にあります。
これは主にリン酸アンモニウムで可燃物と火を遮断と抑制をして消しますよ。
という代物。ピンクの粉が出ます。
欠点は粉末なので屋外だと風に煽られる。
冷却効果がないので、いわゆる天ぷら油火災などに弱い。
高温の天ぷら油に粉かけると一時的に消えますが、
隙間ができるとまた燃えます。
アメリカは食用油の火災をK火災として、
別カテゴリーに分けてます。その辺優秀。
ちなみにA(木や紙)B(油)C(電気)K(食用油)以外に、D火災もあります。
Ⅾ火災は金属火災でマグネシウムなどが燃える火災。
水をかけると爆発するので、砂などで消火します。


冷却効果があるのは強化液タイプの消火器。
ただし強アルカリと中性タイプがあります。
前者は強力だが人体に悪影響、後者は弱いが人体に安全。ヒトは弱酸性。
灯油などの石油に強いのか天ぷら油に強いのか。
お酢から作ったとか言ってるのもあります。
若干違いますが、そんな違いがあります。
定番モリタのキッチンアイとか。


ちなみに、期限切れの消火器はホームセンターで買い替えるときに引き取ってもらうか、
郵便局でリサイクルに送れます。
そんな話。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。