おまめのブログ

30代が栃木でレンガ積の家を建てるお話しです。Ua値0.20、Q値0.6、地熱交換第3種換気。

進捗状況25 玄関ドアとエストニアと問題発見

今日は朝からキムラが販売するエストニア製玄関ドアの取り付け。
かなり重いので、私も手伝うふりしながら作業見てました。
ドア枠を固定し、ドアノブも取り付け。
ノブ用のネジはかなり長く、現場で折る仕様でした。
最初からちょうどいい長さのネジ入れといてくださいよ。


標準の鍵は外してスマートキー後付けします。
ガデリウスはスマートキーにできないのかと思っていたら、
後付けならできるんですね
これまでガデリウスは性能で一人勝ちで、
「欲しければ売ってやる」感じだそうですが、
国内メーカーや今回採用したキムラのように、
他国から高性能な輸入品がでてきているのでうかうかしてられない。


初めから養生してあったので、取り付けても大事なところが見えません。
すりガラスは雨に濡れたような感じのアルゴン入りトリプル。


しかし、取り付けを手伝っているときに問題発見。
かがんでドアを持っていたら、目線の高さ。ラッチの下赤丸部分。
ここの塗装がはげてました。
梱包された状態から見ていたので、現場でついた傷ではありません。
すぐに社長がキムラに電話。
補修になるか交換になるかは未定。


玄関ドア - おまめのブログ

手伝ったから撮れた貴重な写真


ところで、エストニアってどこだと思い地図見たら、断熱ドア強国が揃ってますね。

エストニア、スウェーデン、デンマーク、フィンランド。他もありましたっけ?

各国とも日本と違い断熱性だけでなく、

見た目が良い。


後は価格競争。

ガデリウスはキムラより10万くらい高い。

キムラは23万くらい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。