おまめのブログ

30代が栃木でレンガ積の家を建てるお話しです。Ua値0.20、Q値0.6、地熱交換第3種換気。

進捗状況54 初の見学者と玄関タイルと漆喰下地とカーテン屋が来たお話

初の内覧のお客さんが来ました。
若いご夫婦?。レンガ積み外壁の家を建てたいそうですが、
やはり今までの建築例だと高い(一条工務店クラス)ので、
2×8の充填断熱のレンガ積みを検討しているそうです。
挨拶はしに行きましたが、しゃしゃり出ない方がいいかと引っ込みました。


タイル屋は雨でお休みですが、昨日ポーチも貼り終わりました。
目地はこれから。雨でも滑りにくいのが体験できました。
意外と濡れたらカラフルです。


室内は漆喰下地が塗られていました。
茶色から白色になったので、雨でも明るく感じます。
今後、もっと白くなるそうです。
社長が5年前に建てた家に行ったそうですが、
ピンクにしたはずの漆喰が自浄作用により白色になってたそう。
その辺は良し悪し。


写真撮りませんでしたが、カーテン屋がサンプル生地持って来ました。
専門外なので全部嫁様の感覚(思い付き)に任せました。
しかし高そう。いくらになるのか。
うちの工務店は見積もり段階で一般的な家具、
カーテンも入ってますが、見るとお値段¥735,000。たけぇ。
なので嫁様が「おねだん以上」なお店で相見積もり予定。

進捗状況53 玄関周りと擁壁工事

昨日からタイル屋が入り、玄関周りの工事が始まりました。

2日目夕方には室内側は貼り終わり。
かなり暗めな色ですが、壁は漆喰なので対比がおもしろいかもしれません。
まぁ汚れは目立たないでしょう。

玄関ドア枠下も防蟻フォームで埋められました。
恒例の廃材ゴミ箱あさり。意外と面白いものが見つかります。


建物東側は基礎屋が入り、玉石の擁壁を壊し再構築します。
コンクリートは基礎と同じく施主支給。

同時進行でウッドデッキ下の土間コンを打つ準備。
土地が150坪くらいかと思っていましたが、
工務店社長と話していたら、実際は200坪くらいあるんじゃないかと言われ、
緑の世話や予算の都合、外構はほとんどザバーン防草シート+砕石にする予定です。
奥にある木もチェーンソーでぶった切って小さくする予定。
強い木なので、すぐに復活します。

田舎は市役所の図面が役に立たない。


おまけ:おまめはフィラリア薬3回目でちょっと食欲落ちてますが、
1回目ほど副作用出てないので一安心。
スティッチは片耳が無くなりました。

断熱しすぎ問題 工務店社長と立ち話 基礎内断熱やUa値自己新記録後の家づくりの話

現場にいた社長とお話。
エアコンはダイキンだけど、売りにしている無給水加湿なしなのは、
加湿用の穴をあける必要があるのと、そもそも加湿器使った方がよいから。
フィルター自動お掃除も不要だが、上位機種には皆ついてしまっているから外せない。
本当はリソラにしたかったので頼みましたが、補助金の関係で省エネ性能が足りず、
採用できませんでした。


そういえば基礎内の吹付断熱は何を使ったのか聞いてなかったので質問したところ、
「フォームライトSL-50α」を140mm以上で設定、実際は200mmくらいの厚さで吹き付けたそうです。


それと、我が家の次に建築する家の話になりました。
新しい家のBELS評価書がきたそうで、
Ua値は工務店過去最高値の↷

我が家はUa値0.20、その前に建てた家は0.18です。
他の家はもっと東北寄りで我が家より寒い地域。


今度の家は2×8の家で、2×4用のグラスウールを2枚重ねて施工するそうです。
窓もリクシルのエルスターX(クリプトンガス入り)だそうですが、
それでも窓の性能が足りないので結露するそうです。
断熱しすぎ対策として、各窓の下にガラリをもうけ、地熱交換した空気を窓に当てるそう。
壁を断熱しすぎるとレガリス級の窓が必要になるそうですが、
レガリスは価格が高すぎるので、窓だけで「〇〇〇万円の家」と同じくらいのお値段だそうです。


工務店社長が言っていたのは、もちろん断熱性能が高いに越したことはないが、
どうしても建築費用が高くなるので、
もっと手の出しやすい価格帯の家を考えているそうです。
具体的には、外張り断熱はせず、2×8で充填断熱のみに絞った家を考えているとのこと。
どうしても外張りしないと窓周りなど熱橋になるので、数字上は悪くなりますが、
実際に住むことを考えると、今までの家とは違うので、、、ということでした。


モデルハウスのUa値競争やってるメーカーもありますが、
所詮ただの数字なので、住む人のこと考えた家づくりに賛同します。