おまめの珍道中

Ua値0.20、Q値0.6、C値?、地熱交換第3種、レンガ積外壁。

リビング階段の話 高い天井は正義か

我が家は天井高さ2.4mに5m(だったけかな?)の吹き抜け。
そこにリビング階段という仕様。
上がり口。右側の棚はルーター基地でその下には獣たちのエサ入れボックスが付く予定。
その下が獣たちの餌場になる予定。

側面。右側の柱は途中で追加されました。
なくても大丈夫だが、あった方が強いからと。これ一本で意外と圧迫感あります。

裏側には収納スペース。
この中は他の収納と同じで予算削減のため、漆喰ではなく普通のクロスです。


私は高い天井に憧れなどないので、この中が意外と快適です。
ただ、クロスが漆喰と違って独特な臭いします。
吹き抜けやシーリングファンなんて興味ないです。
リビング階段や吹き抜けは社長推しの温熱環境のため、
シーリングファンは嫁様の憧れ、カワイイとかそんな理由です。
社長も温熱環境的には要らないと言っていましたが、回したら意外と風来るので、
夏場はエアコンつけなくても大丈夫かもと言ってました。

中に入るとこんな感じで落ち着きますね。寝られます。
大和ハウスの竹野内豊さんに共感します。

階段下は床なりなどのメンテナンスに対応するため、
わざとむき出しのままにしたそうです。

床はパイン無垢ですが、反りや床なり防止のため、階段は集成材です。

上から見るとこんな感じ。
飾りの梁は蔵から取ったので、昔の穴が開いたままになってます。


私は低い天井が好きですが、なかなか理解されません。
世の中なぜか高い天井が正義という風潮ですが、
あえて低い天井という選択肢もあります。
ただし、デメリットもあるので興味ある方はその辺は↷読んでください。


おまけ:庭で取ったばかりの曲がりキュウリ


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。