Ua値0.20、Q値0.6、C値測定不能、地熱交換第3種換気、レンガ外壁の家を建てるお話。

一条工務店が建ててくれなかったので、地元工務店で家を建てる。

進捗状況39 太陽光設置とレンガ目地とザ・田舎

カナメソーラールーフが施工されました。屋根一体型風のパネルはQセルズで5.2kw。
Qセルズはカタログ燃費はたいしたことありませんが、街乗り燃費は良いそうです。
ルーフィング材は滑りにくい加工がしてあるので、どんどん登れます。
なんとかと煙は高いところが好きなそうですが、
完成後に屋根の上に登る機会は少ないので、皆さん登りましょう。
屋根の上から↷

通気層はこんな感じ↷

ガルバリウム屋根は施工途中。


レンガの目地ですが、ノミとハンマーで少し彫っています。
そうすることで、レンガをより立体的に見せられる工夫とのこと。
今後、白華現象といって、モルタルのカルシウム分が抜け、
雨だれのように白くなるそうですが、数年で治まるそうです。
白華の少ないモルタルもありますが、価格が高いのと、
発注単位が住宅3棟分くらいあるので、今回は使用しなかったとのこと。


私の住む地域はいわゆる糞田舎なので、家が建つことはお祭り状態。
なので近所の人呼んで内覧会やる風習があります。
工務店社長も近所の人から見せてくれとかなり言われたそうなので、
後でお知らせして内覧会やる予定。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。