おまめのブログ

30代が栃木でレンガ積の家を建てるお話しです。Ua値0.20、Q値0.6、地熱交換第3種換気。

我が家の照明計画 

はほとんど工務店社長におまかせ。正直ぱっとしません。


センサーライトは玄関内外と廊下、2階ホール。

トイレは座ってると消えて、

首を振るのが嫌なのでセンサーにしませんでした。

また、トイレの照明やトイレ洗浄を自動にすると、

それが当たり前に子どもが育ち、

よその家で消さない流さないという事件になる。

というのが社長の意見。


また、不必要に明るすぎない照明にしたそう。

理由はまぶしいと落ち着かないのと、

明るさが必要なところはどうせ、

図書館みたいにスタンドライト使うから。



おまかせな理由は、以前は施主の希望も重視していたそうですが、
結局失敗することが多いからだそうです。
照明と壁紙、カーテン、家具などバランスがあるので、
素人が気に入った照明と気に入ったカーテン等々選んだつもりでも、
組み合わせにより、家の中が「まとまり」がなくなるとの言い分。

まとまりのない良い例は、味しんぼの冷やし中華編。

詳しくはググってください。


うちの嫁様VS工務店社長 エトワールの闘いと終戦 - おまめのブログ
ただ、以前も書きましたが⤴、嫁様の希望により、
玄関内にエトワールを付けるのと、
ダイニングとトイレにペンダントを付けることになりました。

どうなることやら。


社長が目立つペンダントライトに否定的なのは、

家に見所をいくつも造ると、

家の中が「うるさく」なるからだそう。

社長としては、我が家の見所は蔵から取った梁。

なので他はシンプルにしたいそう。

屋根断熱なこともあり、ダウンライト多め。


うるさい家の良い例は、アグネス・チャンの家。

詳しくはググってください。


今日の筋トレは190kgのデッドリフト、

一昨日は135kgのベンチプレス、胸が筋肉痛で痛い。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。