Ua値0.20、Q値0.6、C値測定不能、地熱交換第3種換気、レンガ外壁の家を建てるお話。

一条工務店が建ててくれなかったので、地元工務店で家を建てる。

実家の炊飯器がぶっ壊れた件

いまや炊飯器は多機能化し、踊り炊きだかまど炊きだ遠赤外線だなんだかんだ。
メーカーもタイガーや象印、パナ、三菱などからバルミューダだなんだいろいろあります。


我が家で使用していたのは象印「極め羽釜」お値段10万ちょいしました。
味はもちろんいいですよ。ええ。
ただ、この炊飯器は我が家には合いませんでした。
壊した犯人は↷


犯行の手口は炊飯器の上に乗り、炊飯ボタンを押して空焚き、そのまま焼け付き壊れました。
以前から炊飯器が温かいので、上に乗っていることはありましたが、
保温していていない状態だったので油断していました。


南部鉄器の羽釜は、丁寧に扱っても1年くらいで底が錆て浮いてきます。
たしか3年以内なら無償交換してもらえますが、もともと長く使える代物ではない。


結論:我が家の炊飯器に必須機能は「チャイルドロック」。


ちなみにサクランボも開花しました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。